敏感肌向け化粧水を使う|だんだん変わる肌タイプ

レディー

潤った健康的な肌

お肌のお手入れ

水分が失われると

肌の内部には水分が多く含まれていますが、乾燥肌になると、それが失われやすくなります。水分が減ることで、肌はカサつきますし、くすんだ色合いになっていきます。さらに水分は、肌を保護する役割を担っているので、失われると肌は外部からの刺激を受けやすくなります。それにより、シミやニキビができてしまうこともあります。そのため乾燥肌の人の多くが、化粧水を使って肌を潤わせています。化粧水とは、文字通り水のような化粧品なので、使用することで肌に水分をたっぷりと与えることができます。さらに保湿効果のある成分が配合されているので、それにより水分が失われにくくなります。水分が保持されるということは、手触りや見た目の良さも保たれるということです。もちろん外部からの刺激も受けにくくなり、健康的な状態が維持されやすくなるのです。

肌に優しい成分

ただし化粧水なら何でも良いというわけではなく、できるだけ肌に優しい成分で作られているものを選ぶ必要があります。先述したように乾燥肌は刺激を受けやすいので、低刺激な化粧水を使った方が安全なのです。たとえば植物性の成分が配合されているものや、人間の皮脂に近い性質をもつ動物性のオイルが配合されているものなどです。これらを使用すれば、肌を労わりつつ、しっかりと潤わせていくことができます。また、手の平で肌に塗ることもできますが、コットンに浸してから肌に乗せるという方法だと、成分がより浸透しやすくなります。また、コットンが蓋となることで、浸透した成分が蒸発しにくくなります。そのため乾燥肌は、一層改善されやすくなるのです。

Copyright© 2016 敏感肌向け化粧水を使う|だんだん変わる肌タイプ All Rights Reserved.