敏感肌向け化粧水を使う|だんだん変わる肌タイプ

レディー

成分の浸透と適量

化粧水

成分を浸透させるコツ

アンチエイジングの化粧水を使ってしっかりとエイジングケアを行っていくためには、化粧水の使い方が大切です。できるだけ効果的に化粧水に含まれているアンチエイジング成分を肌に浸透させていくのがコツと知っておくと良いでしょう。皮膚は水に対してもバリアとして働いてしまいますが、化粧水に含まれている成分はある程度の浸透性を持つものが選ばれています。それをより効果的に浸透させるためには、皮膚の表面で成分を高濃度にすることが効果的です。化粧水をたくさんつけるよりも適量をつけてすぐに乾くようにすると成分が濃縮されてより皮膚を浸透しやすくなります。また、できるだけ肌に刺激を与えないようにしてすると良いでしょう。刺激によって皮膚のバリア機能が高まってしまい、浸透性が低下してしまうことがあるからです。

一回量の明確化

化粧水はたくさんつければ効果が高いと勘違いされてしまいがちですが、適切な速さで揮発が起こって濃縮される適量が必ずあります。それが明確になるように取り出しやすいパッケージが一般化していくことになるでしょう。アンチエイジングをするにはたくさんの成分を取り込みたいという考えを持つのがたくさんつければ良いという発想につながってしまいます。しかし、多くの栄養成分に目安量や上限量が設定されているのと同様に、アンチエイジング成分にも最も効果が高いと期待できる量が必ずあります。その研究成果が製品に反映されていることがほとんどですが、まだ未知の部分もあるのが事実です。その解明が進むことによってより適切な量を明示して使いやすくした製品が登場していくでしょう。

Copyright© 2016 敏感肌向け化粧水を使う|だんだん変わる肌タイプ All Rights Reserved.