敏感肌向け化粧水を使う|だんだん変わる肌タイプ

女性

潤った健康的な肌

お肌のお手入れ

乾燥肌になると、肌を保護している水分が失われ、肌は刺激を受けやすくなります。しかしこれは、化粧水によって水分や保湿成分を与えることで、防がれたり改善されたりします。ただし、肌に優しいものを使った方が安全です。また、コットンに浸して肌に乗せると、成分が浸透しやすくなるので効果的です。

この記事を読む

自分に合っているかどうか

スキンケア

アトピー肌の人は、低刺激で保湿をすることができる化粧水を選ぶことが大切です。いきなり顔につけず、まずはパッチテストをすると良いです。注意点は、パッチテストを行ってから最低でも1ヶ月程度は肌トラブルが出ないか様子を見る必要があるということです。

この記事を読む

繊細肌向けスキンケアとは

スキンケア

自分にあった物を選ぼう

毎日欠かせないスキンケアですが、普通の人に比べて肌が弱い敏感肌の方にとって、毎日使う化粧水選びはとても大切です。使った事の無い化粧水を初めて使う場合は、手の内側などに軽く塗布して5分から10分ほど時間を置き、付けた場所に赤みやかゆみなどの異常が無いか確かめるパッチテストを行う事が不可欠です。これを行わずにいきなり化粧水を顔に付けてしまうと、化粧水が肌に合わない場合、敏感肌の方は肌がかぶれてしまう危険性が高いのです。敏感肌の方は普通の肌質の方に比べて皮膚が薄く、刺激を受けやすいと言われています。その為、肌を守るという意味でもパッチテストをして自分の肌に合った物を選ぶ事が不可欠なのです。とは言っても、なかなか自分の肌質にあった化粧水が無い…。そんな悩みを持っている敏感肌の方に、スキンケア用品を選ぶ際のポイントをいくつかご紹介させて頂きます。

買う時は成分をチェック

化粧品などの裏面に必ず記載されている成分表ですが、その中によく「パラベン」や「アルコール」などの文字が書かれている事があります。実は敏感肌の方にとって、上記の成分が入っている化粧水は刺激が強くなりがちなのです。パラベンは防腐剤として幅広く使われていて、アルコールもパラベンと同様に防腐や肌表面の消毒などの為に入れられているようです。人によってはこの成分が入った商品でも大丈夫という事もあるのですが、特にアルコール成分が入った化粧水は、敏感肌の方にとっては肌が荒れたりヒリヒリしたりする事が多いようです。では、どんな物を選ぶといいのでしょうか。最近多く出ている「パラベンフリー」や「アルコールフリー」などの商品ですが、これらに加えて弱酸性の物も数多く販売されています。出来るだけ添加物が少なく、肌に負担のかからない物を選ぶといいでしょう。

化粧水を使用して肌のケアを行う場合は、ケアの仕方にも気をつける必要があります。ケアの仕方は人によって様々ですが、中には間違ったケアの仕方を行なっている人もいます。間違ったケアをしてしまうと肌荒れを引き起こす原因になったり、効果を実感できなかったりと様々な影響が出てしまうため正しいケアの仕方を覚えておくとよいでしょう。肌ケアを行う時には、擦りすぎたり、洗い過ぎたりしないことが大切です。優しくケアしてあげることで肌の潤いやハリなどを取り戻せるため、十分な注意をしながら肌をケアしてあげるようにしましょう。

成分の浸透と適量

化粧水

アンチエイジング成分を化粧水から効果的に浸透させるためには皮膚のバリアを越えられるように高濃度にすることが大切です。そのためには適量を使用して水分を揮発させることが効果的です。その適量となる一回量がわかりやすいパッケージが一般化していくでしょう。

この記事を読む

Copyright© 2016 敏感肌向け化粧水を使う|だんだん変わる肌タイプ All Rights Reserved.